ふるさと自慢の逸品 ふる里ならではの自然が育んだ逸品をご紹介。


◆福島市

くだもの狩り!「フルーツライン」

さくらんぼ・もも・なし・ぶどう・りんご、福島市の西側に広がる吾妻連峰の麓を走る約14㎞にわたる道の愛称です。
問い合わせ/
福島市観光案内所
024-531-6428

◆二本松市

上川崎の和紙

平安時代に「みちのく紙」として都で珍重された和紙で、あたたかみのある手触りが特徴的。
問い合わせ/
二本松市和紙伝承館
0243-61-3200

◆伊達市

もも

伊達市のももの美味しさは盆地ならでは!冬は寒く、夏暑い気候がももの糖度を上げ、着色を良くします。
問い合わせ/
伊達市観光物産協会                 
024-529-7779

◆大玉村

おおたまの米

安達太良山のすそ野に広がるあふれる清流、きれいな空気、有機質を充分に施した大地から生まれ、食味にこだわり丹念に育てられた「おおたまの米」をぜひご賞味ください。
問い合わせ/
大玉村役場農政課
0243-48-3131

◆川俣町

川俣シャモ

川俣シャモは、①コクのある味わい ②適度な歯ごたえ ③低脂肪が自慢の鶏肉です。
問い合わせ/
(株)川俣町農業振興公社
024-566-5860

◆国見町

もも

盆地特有の昼夜の寒暖差の大きな気候は、国見特産の「もも」をおいしく育てあげました。
問い合わせ/
産業振興課産業復興係
024-585-2986

◆桑折町

プレミアムピーチ桃愛ス

まろやかな味わいとなめらかな舌触りのアイスクリームに「皇室献上桃」として有名な桑折町の桃の果肉を贅沢に使用し混ぜ込んだアイス。
問い合わせ/
うぶかの郷
024-582-4500

◆本宮市

本宮鳥骨鶏卵

中国の烏骨鶏を改良した本宮烏骨鶏。健康には欠かせない必須アミノ酸がバランスよく含まれている、より付加価値をもった高品質卵です。安全・安心な卵をご賞味ください。
問い合わせ/
本宮烏骨鶏生産組合
0243-39-2775
3・4・5
県北エリア

福島のいいとこ、夏秋冬

花見山

[福島市](4月下旬~5月中旬)
梅、ハナモモ、桜、レンギョウ、ボケ、サンシュユ、モクレンなどの花々がいっせいに咲き競う。まさに「桃源郷」の言葉がふさわしい場所。
問い合わせ/
福島市観光案内所
024-531-6428

安達太良山開き

[二本松市](5月第3日曜)
標高1700mの安達太良山は、磐梯朝日国立公園内の南端に位置し、初夏には天然記念物の「しゃくなげ」が咲き乱れ、美しい渓流は登山者の心をなごませます。
問い合わせ/
二本松観光協会
0243-55-5122

太々神楽(だいだいかぐら)

[国見町](4月第3日曜日)
春日神社には三春から伝わったとされる田村流の太々神楽があり、毎年春の例祭には神前で奉納し一般に公開しています。
問い合わせ/
生涯学習課社会教育係
024-585-2676

蛇の鼻遊楽園

[本宮市](4月中旬)
四季を通して鮮やかに咲き誇る花々。蛇の鼻遊楽園の中に建つ蛇の鼻御殿は、旧本宮町の豪農伊藤家の別荘として10年の歳月をかけて造られた別邸。
問い合わせ/
蛇の鼻遊楽園事務所
0243-34-2036
6・7・8
県北エリア

福島のいいとこ、春秋冬

花火大会

[福島市](7月(予定))
暑い夏の夜空を美しく彩る福島花火大会は、 厄払いや祈願成就の縁起花火や、尺玉、スターマイン、 最後を飾る空中ナイアガラなど、 夜空を豪華絢爛に彩ります。
場所/福島市阿武隈川と松川の合流地点(予定)
問い合わせ/
福島市商業労政課
024-525-3720

福島わらじまつり

[福島市](8月)
福島わらじまつりは、日本一の大わらじの伝統を守り、 福島市の夏祭りのトップを飾るまつりとして 市民総参加のもと盛大に開催。
場所/信夫通り(国道13号線)他。イベントにより移動
問い合わせ/
福島わらじまつり実行委員会(福島商工会議所内)
024-536-5511

産ヶ沢川ホタル自然公園

[桑折町](見頃6月下旬~7月上旬)
ピーク時には一晩に3,000匹ものゲンジボタルが輝きを放ちながら空を飛び交います。夜8時から9時頃までが見頃です。
場所/産ヶ沢川ホタル自然公園(福島県伊達郡桑折町大字万正寺字七曲地内)
問い合わせ/
桑折町産業振興課
024-582-2126

東和ロードレース大会

[二本松市](7月上旬日曜)
東北のボストンマラソンと称されるこの大会は、昭和45年9月に始まった伝統ある市民マラソン大会で、毎年全国各地から多くのランナーが参加。
問い合わせ/
東和ロードレース大会実行委員会
0243-66-2515

川俣シャモまつり

[川俣町](8月第4土日)
川俣を代表するイベントといえば、「川俣シャモまつり」。会場には、屋台村が並び、丸焼き、焼き鳥、親子丼、ラーメン、餃子、ピザ、カレーライスなど、たくさんの川俣シャモメニューを提供します。
問い合わせ/
川俣町役場産業課
024-566-2111

みずいろ花火大会

[本宮市]
本宮市夏祭りで開催されるイベントの『みずいろ花火大会』です。毎年開催されている本宮市夏祭りでは、盆踊りなど多彩なイベントが開催されます。
問い合わせ/
観光物産係
0243-33-1111
9・10・11
県北エリア

福島のいいとこ、春夏

霊山県立自然公園の紅葉

[伊達市](10月中旬~11月初旬)
阿武隈山系のゆるやかな稜線の中にそそり立つ奇岩怪石は、ひときわ威容を誇り、春の新緑、山ツツジの花開く5月下旬、そして10月中旬~11月初旬の紅葉は目を見張る美しさとなります。
問い合わせ/
霊山総合支所
024-586-3402

磐梯吾妻スカイラインの紅葉

[福島市](9月下旬~10月中旬)
福島市西方の高湯温泉から土湯峠へ、吾妻連峰を縫うように走る観光道路。沿線を彩る絶景にリピーターも多く、「日本の道100選」にも選ばれています。
問い合わせ/
高湯料金所024-591-1144         土湯料金所024-64-3303

二本松の提灯祭り

[二本松市](10月4日~6日)
約360年の歴史をもつ日本三大提灯まつりのひとつ。
場所/二本松市街地
問い合わせ/
二本松観光協会
0243-55-5122

二本松の菊人形

[二本松市](平成23年10月15日~11月13日※平成24年未定)
昭和30年から開催されている歴史ある菊の祭典。
場所/福島県立霞ヶ城公園
問い合わせ/
二本松菊栄会
0243-55-5122

奥州合戦国見町義経まつり

[国見町](9月23日)
天下分け目の奥州合戦。源頼朝に東北一円、栄華を誇った藤原氏が攻め入られた際に、奥州全域の総力を結集して阿津賀志山中腹から阿武隈川に至る約4kmにわたり長大な防御施設を築いたのが国指定の史跡『阿津賀志山防塁(通称二重堀)』。
問い合わせ/
企画情報課企画情報係
024-585-2927

飯坂けんか祭り

[福島市](9月下旬)
飯坂八幡神社の秋の例大祭は「飯坂けんかまつり」とも呼ばれ、大阪岸和田の「地車祭り」と共に「日本三大けんか祭り」の一つと言われています。
問い合わせ/
八幡神社社務所
024-542-2560
12・1・2
県北エリア

福島のいいとこ、春夏秋

木幡の幡祭り

[二本松市](12月第1日曜)
日本三大旗祭りの一つとも言われ、950年以上の伝統を誇ります。
場所/旧木幡第一小学校グラウンド
問い合わせ/
東和支所地域振興課
0243-66-2490

あだたら高原スキー場開き

[二本松市](12月上旬)
安達太良山の中腹、標高950m~1,350mに広がるパウダースノーのゲレンデには、スノーエスカレーター付きのわんぱく広場や1,000mの初心者コースがあり、子どもや初心者も満喫できます。
問い合わせ/
あだたら高原スキー場
0243-24-2246

あつかし山ビッグツリー

[国見町](12月23日~1月4日)
阿津賀志山頂に櫓を組み、 10本のケーブル(1本あたり約100メートル)をツリー状にし、発電機にて明かりを灯します。
問い合わせ/
企画情報課企画情報係
024-585-2927

信夫三山暁まいり

[福島市](毎年2月10日)
重さ2tのおおわらじを約100人で担ぎ上げ、福島市のシンボル信夫山にある羽黒神社に奉納。
場所/信夫山羽黒神社
問い合わせ/
福島市商業労政課
024-525-3720

見る・遊ぶ・体験する

安達ヶ原ふるさと村

[二本松市]
「鬼ばば」伝説の里にある、ふるさとの文化や伝説を広く伝える無料公園施設。
問い合わせ/
安達ヶ原ふるさと村
0243-22-7474

智恵子の生家・智恵子記念館

[二本松市]
明治の初期に建てられた生家には、造り酒屋として新酒の醸成を伝える杉玉が下がります。二階にある智恵子の部屋からは今にも智恵子が降りて来そうな気配が。
問い合わせ/
智恵子記念館
0243-22-6151

やながわ希望の森公園

[伊達市]
春に桜吹雪が舞い、夏は水芭蕉とつつじが緑一色に染めます。秋にはいも煮会や紅葉狩りが楽しめる公園。
問い合わせ/
やながわ希望の森公園管理事務所
024-577-6100

フォレストパークあだたら

[大玉村]
真冬を含めた通年営業。春の山野草散策、夏の川遊び、秋の紅葉狩り、冬のスノーシューなど、四季折々の多様な自然を体感できます。
問い合わせ/
フォレストパークあだたら
024-43-2040

からりこ館

[川俣町]
平安時代の頃より「絹の里」と呼ばれ、慶長年間には「絹の市」が立つほど栄えました。からりこ館では、手織り織機を常備し、昔ながらの手織りや草木染めの体験ができます。
問い合わせ/
からりこ館
024-565-5786

旧佐藤家住宅

[国見町]
近世中期のこの地方の本百姓の標準的な住居。もともと国見町にあったものを昭和47年に移転復元。
問い合わせ/
生涯学習課社会教育係
024-585-2676

摺上渓谷

[福島市]
飯坂温泉の中心を流れる摺上川は、鮎釣りのメッカとしても有名です。
問い合わせ/
飯坂温泉観光協会
024-542-4241

旧堀切邸

[福島市]
旧堀切邸は、江戸時代からの豪農・豪商の旧家で、1775(安永4)年建築の県内で現存する最大で最古の土蔵「十間蔵」や近代和風住宅の主屋など、歴史的価値の高い建物が現存。
問い合わせ/
旧堀切邸
024-542-8188

四季の里

[福島市]
四季の里は、広々とした芝生に覆われ、一面の緑と吾妻山をバックに澄み切った空が満喫でき、家族連れがピクニックを楽しめます。
問い合わせ/
四季の里
024-593-0101