復興デパートメント


設立:平成23年12月14日
ヤフー株式会社を事務局とするオープンプロジェクト

HP http://fukko-department.jp/
被災地復興に向けたオープンプロジェクトが始動
------復興につなげるEコマース事業としての役割------
東北そして福島の風土が育む食や文化、受け継がれてきた伝統。四季折々、美しい表情を見せる福島は、その地で大切に培われてきた様々な魅力にあふれています。

東日本大震災という未曽有の大災害に遭いましたが、東北は力強く立ち上がり、ふるさとの伝統や味を守り続けています。そうした中、平成23年12月、復興を目指す様々な人とモノが集まるインターネット百貨店「復興デパートメント」がオープンしました。

事務局となったのは、インターネット上の広告事業やイーコマース事業をおこなうヤフー株式会社。震災の翌日から「インターネットを使った取引などを手掛けるイーコマース屋として、我々にしかできない支援は何か」を考え、実践。著名人や企業が参加するチャリティーオークションや、支援ギフト便などに取り組み、活動の中で東北に足を運びました。
「これからは産業復興、雇用につながるようなことを一緒にやってほしい」という現地の人の声で「復興デパートメント」が誕生。オープンプロジェクトとして、様々な企業や個人と協力し、プロジェクトを進めています。
(写真:NPO法人フロンティア南相馬)
------生産者のニーズを拾い、プロフェッショナルで埋める------
復興デパートメントは、生産者・加工業者・小売業者による「復興デパートメントストア」、各地域で生産者や商店を取りまとめ、EC運営代行をおこなうNPO・企業・商工会議所などによる「復興デパートメント支部」、各パートナーの強みを活かし、復興デパートメントを支える企業・団体の「復興デパートメントパートナー」で構成されています。
東北の様々なエリアで生産者のニーズを拾い、どのような商品を持ち、どこまでインターネットショッピングの知識や経験を持っているのか確認しながら、足りない部分をプロフェッショナルで埋めています。
支部は現在、福島県の南相馬支部(NPO法人フロンティア南相馬)、宮城県の石巻支部(NPO法人オンザロード)の2つ。水産加工品や味噌、醤油、お菓子、復興Tシャツやグッズなどを取り扱っています。
南相馬支部は「若松味噌醤油店」「栄泉堂」「NPO法人フロンティア南相馬」「福好再見」の四店が出店中。エリアは拡大する予定で、福島県では白河エリアが出店を調整しています。

「とりまくストーリーをネットで正しく伝えるのが重要」と考え、制作されたのが「お店のCM」。各店のページに掲載され、商品の魅力をあますことなく伝えています。震災から復興に向けて動き出した東北の人の力強さ、そして生産者の情熱や郷土を愛する心、商品に対する想いが映像に込められ、見る者の心にグッと訴えかけてきます。
(写真:福島県南相馬エリアで撮影するプロジェクトスタッフ)
------東北ブランドを確立し、新たな地域活性化モデルへ------
活動の柱は3つ。「ネットの強みを活かして、『東北の本当にいいもの』を全国に発信」「復興の中核となるインターネットショッピング人材を創出」「復興を支援するプロフェッショナルのネットワークによるサポート」。
将来的には、プロジェクトに色々な人が色々な資源を投下し、東北の人がカタチにして、新しい東北の商品やビジネスを生み出すことが目標です。
今後は既存の商品がきちんと商売になるまで売り上げに注力。並行して人材育成プロジェクト、商品開発プロジェクト、東北の情報や、復興支援プロジェクトと連携した「催事フロア」の充実などを視野に入れています。
リリース後は、様々な企業から、連携やパートナーシップの相談も寄せられ、外部からの反応も上々。出店企業からも「実際に商品が売れてうれしい」「今後の盛り上がりをさらに期待している」などのうれしい声も届いています。

販路を作り、売れる商品づくりをプロデュース。その中で雇用を創出。商品価値を高めることでブランド化し、地域活性化モデルへ。プロジェクトは被災地の復興に向けて、大きな一歩を踏み出しています。
(写真:撮影中の福島県南相馬エリア「福好再見」)

平成24年2月