3・4・5
相双エリア

福島のいいとこ、夏秋冬

福田神社の秋の例祭「福田十二神楽」

[新地町](5月と11月)
新地町を代表する重要無形文化財。県内には類例が少なく、神楽の継承は一代約7年間。

福田地区の小学三年生から中学一年生ぐらいの男子が2月から3月までの約100日間の夜間練習を経て神楽師となります。

問い合わせ/
新地町観光協会
0244-62-2112