◆道の駅「羽鳥湖高原」

[天栄村]

ドライブルートの魅力!

紅葉シーズンはとくにオススメ!
福島県の中通り南部に位置し、県道37号(白河羽鳥線)の終点地点で羽鳥湖高原の玄関口。
周辺には様々な観光資源、宿泊施設があり、夏は避暑地、冬はスキー場と四季折々の自然に親しめます。
特に白河羽鳥線は、紅葉のシーズンになると山々が赤や黄色に色づき、異世界のなかに飛び込んだような色彩にあふれた世界のドライブを楽しめ、県内はもちろん、県外は主に関東方面からツーリングやドライブに観光客が多く訪れます。

道の駅には、天栄村特産の三大ブランド、ヤーコン、天栄ネギ、天栄米を使った料理や直売があるほか、ブルーベリーの原種のナツハゼのジャムや高原野菜等、個性的で珍しい商品が並びます。
山道の途中にある休憩所としても重宝され、自然と調和したやすらぎの場となる道の駅です。

ココが道の駅の魅力!

山の中を走る!
木製テーブル席が7~8卓、大きな窓の食事処からは約180度外の景色を眺める事ができ、屋内でありながら開放的な雰囲気を楽しめます。
道の駅・羽鳥湖高原では、天栄村3大ブランドの「ヤーコン」「天栄ネギ」「天栄米」を使用した料理を食べる事ができます。なんといっても珍しいのはヤーコンうどん。その名の通り、ヤーコンを煉りこんだうどんで、あたたかい出汁に美味しい山菜が入っています。

夏場は限定で天ぷらや大根おろし、山菜を入れた冷たいヤーコンうどんを提供していてこちらも好評。その他天栄ネギをたっぷり使った天栄ネギラーメンは、少し辛めで食欲をそそります。

また、このお食事処で出されるご飯は全て地元天栄で採れたもちもちとしておいしい天栄米を使うこだわり。まさに天栄特産品をまるごと楽しめます。

おすすめの逸品!!

これなしでは語れない!ヤーコンソフト
イチオシはご当地ソフト、ヤーコンソフトクリーム!一見バニラと見間違えますが、実はヤーコンの実と葉を使っています。

味は独特のハーブのような清涼感があり、かすかに鼻をくすぐる栗にも似た香りと紅茶にも似た少しの渋みが特徴で、滑らかな口あたりなのに後味がさっぱりしています。
食物繊維が豊富で、その上たっぷりの量に対し1つ300円と体にもお財布にもうれしい!

うどんの乾麺やお茶などヤーコンの加工品も人気です。
そのほか珍しいのはナツハゼのジャム。もともと生花用に植えていたナツハゼですが、実が美味しく食べられることから、ジャムやはちみつ漬け、ゼリーやソフトクリームにしてみたそう。カシスにも似た濃厚な大人の甘酸っぱさがクセになります。



まさにオアシス!おいしく個性的な商品が並ぶ!

もともと関東からの来客が多かったこともあり、感謝の意味も込め、震災後は、主に関東方面のイベントに参加し、福島の野菜をPRしたそうです。
福島県内の野菜を集めて持っていくと、よく売れたそうで、関東の人たちの暖かさがうれしかったと言います。

「以前と変わらず営業しているので、ぜひ来てほしい」と星駅長。
天栄村特産のヤーコンをはじめ、ナツハゼ(夏にハゼの木のような紅葉が見られる)のジャムなど、珍しいものが多く並ぶ、「道の駅・羽鳥湖高原」。
一度来て、食べて、天栄村の魅力を味わっていただきたいと思います。


2012年3月現在

●道の駅Data

●路線名/主要地方道 白河羽鳥線 ●住所/岩瀬郡天栄村大字田良尾字芝草1-3552 ●電話番号/0248-85-2547
●営業時間/レストラン10:00~17:00(LO 16:00)売店9:00~18:00 ●休館日/無休 ●駐車場台数/普通車:28台 大型車:10台  
●トイレ数/20器 ●身障者設備(トイレ・駐車場の有無)/トイレ:2器 スロープ 駐車場:4台 ●ベビールーム/なし