◆道の駅「そうま」

[相馬市]

ドライブルートの魅力!

国道6号線に面した野馬追の里
福島県を南北に横断する国道6号線に面しており、相馬市の東南端に位置しています。
運転に疲れたドライバーが休息できるよう、駅内の道路情報館にはリフレッシュコーナーが設けられています。館内には、マッサージチェアーや血圧計を常備。畳のスペースがあるため、横になってのんびりくつろぐことができるのもうれしい。
建物は、相馬市の勇壮な夏の風物詩「野馬追い」が受け継がれる「野馬追いの里」をイメージしています。風格を感じさせる陣屋造りが特徴となっています。

ココが道の駅の魅力!

ご当地ソフト「青のりソフト」は海の香り
相馬港が隣接するため、海産物や海産加工物が道の駅そうまの自慢。海産物を扱うテナントが駅内に2店出店しています。
震災後は原発の問題もあり、相馬漁港の水揚げは残念ながら再開できない状態ですが、他の地域で水揚げした新鮮な魚を仕入れて加工し販売しています。
仮設住宅で暮らす地元の人たちが、それまで同様いつでも新鮮で美味しい魚を食べることができるように、真空パックの商品も販売しています。

観光客やドライバーのみならず、地元の人にとってもなくてはならない場所となっています。
商品には、お客さまに喜んでもらえるよう、応援の気持ちが込められています。

また、相馬市の景勝地「松川浦」の青のりを使用した、珍しい「青のりソフト」もオススメ!風味豊かなソフトクリームと、海を感じる海苔の味わいの、2つを同時に楽しむことができます。

おすすめの逸品!!

柿の実に隠れた三種の美味しさ「柿っ娘」と特産「青のりドレッシング」
「柿っ娘(かきっこ)」は、干し柿の「あんぽ柿」に、白あん・ずんだ・柚子あんの3種類のあんが入った珍しいお菓子です。上品な甘さでヘルシー。
「夏は冷凍庫で冷やし、少し解けてきた頃に食べるのが美味しいですよ」と教えてくれたのは道の駅スタッフ。3種類が1セットになって販売されているため、ひと通り味わうも良し、友達や家族で分けうも良し。道の駅スタッフもいち押し!の逸品です。
松川浦で収穫された、特産の青のりを使用して作られた「青のりドレッシング」もオススメ。



安心してお買い上げ頂けるよう、安全な商品のみを取り扱っています。

店内で販売されている商品は、震災前に収穫した青のりや、水揚げされたシラス、他地域で収穫した食材など、安全なものを販売しています。

「お客さまに安心して商品をお買い上げいただきたい。また、今まで開催されていたイベントを今後おこなっていくことで、復興の足がかりになり、ゆくゆくは相馬市が復興したことを道の駅でアピールできるようになれたらいい」と話すのは道の駅関係者。

お客さまへの気配りと、前向きな姿勢を感じさせる姿が印象的な「道の駅そうま」。野馬追いの里の元気な姿を見られるのが待ち遠しい!


2012年3月現在

●道の駅Data

●路線名/国道6号 ●住所/相馬市日下石字金谷77-1 ●電話番号/0244-37-3938 ●営業時間/レストラン7:00~20:00
●休館日/無休(体験実習館:毎週月曜、12/29~1/3) ●駐車場台数/普通車:45台 大型車:22台 ●トイレ数/25器
●身障者設備/トイレ2器 駐車場3台 ●ベビールーム/なし